FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自閉症の人のバリアフリーを考える親の会 はぐぐみ」さんより講演会のご案内

ポレポレネットワークも参加している大阪府団体ネットワーク会加盟の
「自閉症の人のバリアフリーを考える親の会 はぐぐみ」さんより講演会のご案内です。

------------------------------------------------

自閉症の人のバリアフリーを考える親の会 15周年記念講演会
~自閉スペクトラム症の人たちの生きづらさに寄り添って~

はぐくみが高槻に産声を上げて早15年の月日が経ちました。
近年では「障害者差別解消法」が施行され、障がいを持つ人々に対して必要な環境整備 などの配慮を行う「合理的配慮」が義務付けられるなど、
この間、変わってきた事も 多々ありますが、日々の暮らしの中では彼らの生きづらさはどうでしょうか?
このたび設立15周年を記念して、信州大学医学部子どものこころの発達医学教室 教授 本田 秀夫氏をお招きして、
10人に 1 人が潜在的に抱える自閉スペクトラム症の 生きづらさから来る問題(不登校・引きこもり・問題行動・投薬など)を
医師の立場 から臨床経験を通してお話しいただきます。 保護者の皆様をはじめ、様々な分野の方々のご来場を心よりお待ちしております。

講 演 「自閉スペクトラム症の理解と支援」
信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室教授
附属病院子どものこころ診療部長(兼務) 講師: 本田 秀夫 氏

日 時:2018年 9月24日 (祝・月) 午後1時30分~3時30分 (開場 1 時~)
会 場:高槻市立生涯学習センター2階 多目的ホール(阪急高槻市駅 徒歩10分)

定 員:先着300名 < 申込不要 >
参加料:無 料 *保育はありません
手話通訳・要訳筆記あり、車椅子席4席あり
他に障がい支援のご要望があればご相談下さい

主 催:自閉症の人のバリアフリーを考える親の会 はぐくみ

後 援: 高槻市 ・ 高槻市教育委員会 ・ 高槻市社会福祉協議会


【本田秀夫氏プロフィール】
信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授。
特定非営利活動法人ネスト・ジャパン代表理事。精神科医師。
医学博士。1988 年、東京大学医学部を卒業。
同大学附属病院、国立精神・神経センター武蔵病院、
横浜市総合リハビリテーションセンター、
山梨県立こころの発達総合支援センター、
信州大学医学部附属病院をへて、2018 年から現職。
日本自閉症協会理事。日本児童青年精神医学会代議員。
「NHK スペシャル」などのテレビ出演、全国各地での講演も好評。発達障害を中心とする
「個性的な子」の子育て・教育の第一人者として、保護者や保育・教育関係者の信頼を集めている。




「自閉症の人のバリアフリーを考える親の会」とは?
よく耳にする「バリアフリー」の言葉... 自閉スペクトラム症にとって「バリアフリー」とはどういう事だろう…? 「バリア」って何だろう…?
「バリア」=「個々の障がい特性を理解せずに接すること」と考え、 自閉スペクトラム症は目に見えない障がいの部分が大きいので、 身近な人でも対応を誤ることが多いのではないか… 一方的な親の想いに捉われていないだろうか…
まずは『親』から子どもの真の理解者となれるように、 正しい知識を学んでいこう!
このスローガンでスタートした、親の会 はぐくみ です。 これからも、どうぞよろしくお願いします。
< 問合せ先 > はぐくみ事務局
℡080-4768-8993
※18 時~20 時の間でお願いいたします
E メール hagukumi-03@mail.goo.ne.jp
スポンサーサイト

4月2日は「世界自閉症啓発デー」です

4月2日は「世界自閉症啓発デー」だということ、皆さんご存知ですか?
国連が定め、4月2日~8日は発達障害啓発週間として、全国で発達障がいの啓発のための
さまざまなイベントが行われます。
私たちの身近な大阪でも、大阪城・通天閣・天保山大観覧車や太陽の塔のブルーライトアップが
予定されていたり、シンポジウムも企画されています。

その中からポレポレネットワークも参加している大阪府団体ネットワーク会加盟の
「自閉症の人のバリアフリーを考える親の会 はぐぐみ」さんより講演会のご案内です。

今回は自閉症の人と共に育ったきょうだいの立場からのお話しです。

第10回 世界自閉症啓発デー
講演会 「自閉症の家族と共に育つ」
講師: 廣木 佳蓮 さん
         自閉症の弟との生活をつづった 
         「おーい!おーちゃん!-自閉症の弟と私のハッピーデイズー」の著者 
      大澤 佳世子さん(サポートセンターPASSO)

日時: 平成30年4月2日(月)  13:30~15:30 (開場13:00)

会場: 高槻市立生涯学習センター2階 多目的ホール
        JR高槻駅 阪急高槻市駅 徒歩10分

定員 : 300名

入場無料 ・ 申し込み不要

問い合わせ先: 社会福祉法人 北摂杉の子会 

発達障がい・自閉症に関する講演会のご案内

ポレポレネットワークも参加している大阪府団体ネットワーク会加盟の
「大阪ADHDを考える会 のびのびキッズ」さんより講演会のご案内です。

大学での具体的支援の実際 
    ~プール学院大学の実践に学ぶ


プール学院大学での実際の支援についてもお話しがありますが、
大学進学を考えていなくても特性による具体的なつまづきへの理解と対応という視点でも
お話しいただけ、こういう支援を申し出てもよいのだ、必要なんだと思えることが講座の狙いです。

講師: 松久 眞実 氏
        プール学院大学 プール学院短期大学 准教授
        教育学部教育学科 学生支援福センター長

日時: 平成30年4月22日(日) 13:45~16:00

会場: ラポールひらかた 研修室1

定員: 50名

費用: 非会員 1,000円

詳細・申込み: のびのびキッズHP(http://osaka-nobinobikids.com/)からお願いします。

自閉症eサービスの実践報告会

ポレポレが毎年の連続基礎講座等でお世話になっている、自閉症eサービスの実践報告会をご案内します。

「自閉症のある人への支援」~ICTの活用と新しい能力観~
2017年度の自閉症eサービスのまとめとして、香川大学の坂井聡先生が、ご講演されます。
午後からは、関西で自閉症支援に携わっている方々が実践を報告されます。


-------------------------------------------------

日 時:2018年3月17日(土) 10:00-16-30

会 場 :西宮市フレンテホール(JR西宮駅 南出口から徒歩1分)

参加費 :2017年度年間パスあり 1,000円
     年間パスなし(一般参加) 3,000円
     *お申込みのみなさまに聴講券をお送りいたします。
     当日、聴講券を受付にご提示いただきまして、参加費のお支払いお願いいたします。

プログラム

10時から12時30分 講演会  講師 坂井 聡 氏
「自閉症のある人への支援」
~ICTの活用と新しい能力観~

休憩 12時30分~13時30分


13時30分~16時 実践報告会 4事例
・「Sくんと‘’そうだん‘’した日々」 京都府立南山城支援学校
・「地域でのコミュニケーション支援~PECSやiPad、構造化を用いて〜」 発達障害サポートセンターピュア
・「こだわりをリセット」福成会 あいあい
・「自閉症の人とのコミュニケーション~現場での事例を通じて~」 西作業所


16時~16時30分 まとめ/次年度のプログラムのご案内

お申込みフォームはこちらから・・
https://www.jiheishou-e.jp/2017年度実践報告会/

3/12〆切、先着順です。

発達障がい・自閉症に関する講演会のご案内

ポレポレネットワークも参加している大阪府団体ネットワーク会加盟の
NPO法人発達障害サポートセンター ピュアより講演会のご案内です。

発達障害・自閉症スぺl区トラムの支援方法について知ろう!

日時 : ①平成30年 1月25日(木) 10:00~11:45
     「18歳以降になったら、どうなるの・・・? 障害者就労について、お伝えします!」
     講師: ピュアサービス管理者 植田 武史 氏

      ②平成30年 2月22日(木) 10:00~11:45
    「卒業後ってどれぐらいお金が必要なの・・・? 障害がある子の家計と親亡き後のお金について知ろう!」    
     講師: ファイナンシャルプランナー 久保田 あき 氏

会場: ①・②とも東大阪市立男女共同参画センターイコーラム (近鉄奈良線 若江岩田駅)

参加費: 500円(資料代)

定員: 各回 50名

申し込み先: NPO法人発達障害サポートセンター ピュア
          
  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。