FC2ブログ

12月の活動報告

2018.12.25 14:39|活動報告
12月の活動報告

12月5日(水)に開催されました❗
「自閉症スペクトラムと性教育」~思春期からの性教育~
11月の前回終了後には、すぐに満席となり今回も、たくさんの教育関係、支援者の方々、保護者の方々にご参加頂き有難うございました。

講師は、「平木 真由美」氏
看護師、社会福祉士の資格を持ち、養護教諭として長く実践を重ねられ、京都府自閉症協会等で講師も務められ、ASDとセクシュアリティ教育について研究もされています。
自閉症スペクトラムの支援にも理解があり、いつお会いしても素敵な笑顔の、パワフルでおしゃれな先生です!!

障害の有無にかかわらず「すべての人は生まれながらに性的存在であり、自分の性と人生の主役」であり、何人も自分の「性」を豊かに生きる権利を有する・・・
「性は人権です」というお話しから始まり
グループワークでは「思春期の性的行動」について話合い、性器を触ること、恋愛への不安、ネット情報、異性の支援者との関係、発達障害特有の行動についてなど各グループの意見を皆でシェアしました。

全ての性教育は「身体のことを知る」ことから始まり、きちんと教えることが大事で、繰り返すことで定着する・・・ということで子供達に実践されている様子や実践に使われている「プライベートゾーン」を学ぶ手作りグッズの紹介もありました。

コミュニケーションの練習として「YES」や「NO」を伝えるサイコロゲームの紹介もありました。
大人でも「NO」を伝えることは、罪悪感が残りなかなか難しいですね。「NO」って言って良いんだ~と学ぶこと、学ぶ機会の必要性の大切さを学びました。

資料として、参考書籍やホームページの紹介、ロールプレイのセリフなどもつけて下さっていましたが、勉強会終了後も、実際に使われている手作りグッズや色々な書籍を皆さん熱心に見られていました。

「性と生」については、清潔、お風呂、トイレ等と生活にもつながることですし、コミュニケーションやお付き合い、いのちへとつながることでとても奥深く、終わりがないテーマですね。

当日の様子です↓↓↓
polepole1.jpg

polepole2.jpg

1月の活動予定
1月29日(火) 午前10時~12時
 ラポールひらかたにて「座談会」の予定です。 
 見学も可能です。
こちらよりお申込み下さい!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ