FC2ブログ

講演会のお知らせ

2019.02.27 15:26|ポレポレ共催
講演会のお知らせ

障害特性に合わせた「働く場」を作る  
~既成概念にとらわれな い発達障害者支援~   


1539576122862.jpg

お申込みはこちら

自閉症の方の「特性の強み」を活かせる働く場として、どのような支援や何が必要なのか、
さ まざまな検討を重ねられ、小規模麦酒醸造所の製造の現場にたどり着き、自閉症支援の支援団体・個人の有志でプロジェクトチームを構成し、京都市内に「西陣 麦酒製造所」を立ち上げられ運営されている、特定非営利活動法人 HEROES理事長の松尾 浩久氏を迎え、お話しを伺います。

柚子無碍(ゆうずうむげ) ってご存知ですか?
今 流行りのクラフトビールで、強い苦みをユズの香りで飲みやすくした一品です。

このビールができるまでに自閉症の人も関わっている、と聞くと、
え?どの部分に?どういうお仕事で? と思いますよね。

少人数の施設では、受けられる仕事に限界がある現実から、
自主製品を開発する必要があると切実に感じた松尾さん、
1回限りの販売ではなく、日々買ってもらえるもの・・
「できそうなもの」からではなく、「やりたい!と思えるもの」・・
もちろん、自閉症の方の特性を生かせるものを・・・と考え

自閉症の方の強みが生かせる働く場のモデル作りに尽力されました。
できそうなこと、よりも、やりたいと思えそうなこと。
そんな角度から自閉症の方のお仕事を考えていらっしゃる松尾さんのお話を聞いてみませんか?
今回の講演会では、
・成人期の自閉症の人の暮らし例
・成人期のお金
・成人期の人が抱える課題
・HEROESの成り立ち
・西陣麦酒の成り立ち
(役割や仕事の創出)
についてお話頂く予定です。

学校卒業後の漠然とした手探り感、不安感とは違う、
まだ子供が学生である保護者の方にとっても、日々の子育てで、別の見方ができる目が育つキッカケになるかもしれません。

自閉症の支援に携わる方や成人間近のお子さんをお持ちの保護者の方には、より身近な話として聞いて頂けると思います。 

ぜひ、ご参加お待ちしております!!  

日時: 2019年 3月 9日(土)
     <講演会>17:30~19:00(受付 17:15~)
     <座談会>19:00~20:30(受付 講演会と同時受付) 定員に達しました

講師: 松尾 浩久 氏(特定非営利活動法人HEROES理事長、西陣麦 酒醸造所 醸造長)
             生活介護、就労継続支援B型、居宅介護事業所で支援・管理者を務め
、             米国ノースカロライナ大学TEACCH部でアセスメントトレーニングも受講。
              2013年現理事長を務める「HEROES」を立ち上げ、生活介護・ヘルパー派
             遣事業を展開し、2017年より生活介護の授産科目として西陣麦酒醸造所の
             立ち上げと現場管理を行っている。

会場: <講演会>ラポールひらかた 大研修室(4階) 
      <座談会>SKIPひらかた 3階

定員: <講演会>100名  ※申し込み先着順に受付、定員に達し次第〆切します。   
      <座談会>20名   ※講演会参加者のみ、先着順 ➡定員になりました。

参加費: <講演会>1,000円   

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ