自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス様より

自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス

発達障がい児・者の家族支援「今とこれから」
~自閉症スペクトラムのある当事者が安心して暮らせるための家族支援のあり方~

日付: 2017 年 9 月 3 日(日)10 時~11 時 45 分

場所: ドーンセンター 4 階 大会議室1 (9 時 45 受付開始)

対象:ご家族、療育に携わっている専門家、 支援者どなたでもご参加いただけます。 定員 50 名(先着順)

講師:新澤 伸子 先生
武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科教授
社会福祉法人北摂杉の子会児童発達支援部非常勤
嘱託スーパーバイザー、
TEACCH®公認上級コンサルタント

内容:
自閉症スペクトラムの特性ゆえに、周囲への理解が得られず困難な立場に 置かれた当事者と、その家族へ、どのようなアプローチが今、必要なのか。
幼児期から思春期、青年期そして壮年期へと成長する当事者が、安心して 暮らすために、どのような支援が今、求められるのでしょうか。
20 年以上、TEACCH 療育に携わってこられた新澤先生をお招きして、 家族支援について、
具体的な事例をご紹介しながらこれからの家族支援のあり方についてお話しいただきます。

参加費:(オアシス会員は無料。) 非会員の方:資料代 500 円。当日受付にてお支払い下さい。

申込み:Eメール:oasis-info@oasc.jp

メールに氏名・当日とれる連絡先をメールにてお知らせください。

申込締切:8 月 31 日

主催:自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス
〒532-0023 大阪市淀川区十三東 1-1-6 オアシス事務局 http://oasc.jp/ 電話&FAX06-6303-0200(留守番電話対応)

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」 に関し

枚方市福祉部障害福祉室より案内が来ています。

このメールが見づらいようでしたら、広報ひらかた12月号のP.22をご覧ください。

平成28年4月から「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」 が施行されます。

そこで・・
どんな法律?どんなことをしたら差別になるの?罰則はあるの?等々、
大阪府立大学 人文科学系 准教授の三田優子先生が、わかりやすく講演をされます。

講演会 “みんなに知って欲しい!わかりやすい障害者差別解消法”

日時・・1月8日(金)午前10時~11時半
地域活性化支援センター 7階大研修室
(輝きプラザきらら)
講師・・三田優子 氏

申込・・氏名、連絡先、参加人数および参加者全員の氏名を記入
福祉部障害福祉室へFAXかメール
FAX 0728415123
メール shogaif@city.hirakata.osaka.jp

締切・・12月22日

他団体の講演会のご案内

ポレポレも加盟している、大阪府発達障害団体ネットワークの加盟団体のひとつである、
「はぐくみ」様、
「大阪自閉症協会」様、
「自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス 」様、
からの講演会のご案内、4件です。
以下、先方からの案内をそのまま載せます。


講演会「自閉症スペクトラム児(者)の就労を考える」について、
服巻智子先生からのご案内です。
機能の高い人はいつになってもうまくいかないどころか、深刻になっていきますので、
卒業後の様子を知って、子供のうちから予防的に育てていきたいですね。
大人になって、高学歴の人たちの困難について学ぶ研修会です

大学生の就労支援、中高生のキャリア教育についての内容です。
夕方~夜の時間帯ですが、どうぞご参加下さい。
大阪大学の掲載HPに案内チラシ・申込書(PDF)リンクがあります。
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2015/01/6346

***************************************************************************************

大阪大学大学院連合小児発達学研究科・キャンパスライフ支援センターでは、
発達障害児の就労支援やキャリア教育に関心のある方を対象に
米国の自閉症支援の中心であるTEACCHセンターより講師を招いて講演会を開催いたします。

講演会 『自閉症スペクトラム児(者)の就労を考える』

【対象】発達障害児(者)の就労支援やキャリア教育に携わっている方
    定員150名
【日時】平成27年1月15日(木)16:30~20:00
【場所】大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール
    (京阪中之島駅から徒歩5分)
【講師】TEACCH自閉症プログラム援護就労部長S.Michael Chapman
TEACCH自閉症プログラム TEACCH青年成人援護就労副部長 Glenna Osborne

【参加費】一般の方:3,000円(同時通訳レシーバー有:4,000円)
※当日受付にてお支払ください。
※大阪大学教職員は無料

--参加申し込み・お問い合わせ--

12月31日(水)までに以下の内容を添えてE-mailまたはFAXにてお申込みください。
・お名前
・ご所属
・職名
・ご連絡先電話番号・E-mailアドレス
・同時通訳レシーバー(使用する・使用しない)
・講演者へのご質問

大阪大学大学院連合小児発達学研究科
E-mail office@kokoro.med.osaka-u.ac.jp
FAX:06-6879-3863



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


一般社団法人 日本自閉症協会
平成26年度国庫補助事業在宅心身障害児(者)療育研修事業(保護者向け)

発達障害のある子への関わりとその家族支援について
~アメリカと日本を比較して~

日時 平成27年 1月11日(日曜日)10時~16時 (受付 9時30分から)
会場 大阪産業創造館 6 階A・B(大阪市中央区本町1-4-5)
ゲスト講師 亀山愛 氏
定員 80名(先着順)
参加費 無料
締切 2014年12月28日

主催:一般社団法人 日本自閉症協会
協力: 大阪自閉症協会 自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス
問い合わせ: 大阪自閉症協会
〒532-0023大阪市淀川区十三東2-5-15-403 FAX 06-4862-4158 mail jas-os@nifty.com
*スタッフが常駐しておりません。お問い合わせは、faxまたは、メールでお願いします


申込フォームは、自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会オアシス
http://oasc.jp/
講演会のお知らせ→亀井愛先生の講演会案内
よりお入り下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

オアシス保護者による実践報告会のご案内
保護者による実践報告会を下記の通り開催致します。

日にち:平成27年1月16日(金)
場所:ドーンセンター 4階 大会議室3
時間:10時30分~12時(受付は10時15分~10時30分)
タイトル:『思春期の我が子と向き合って-親の我が子理解と子供の理解-』
報告者:オアシス保護者

お嬢さんが中学時代に研修相談支援室・PASSOの本人支援コースの療育を受けられ、お母様ご自身も家族グループで勉強されました。
思春期の我が子と向き合い、我が子理解を深めると同時に、お子様が自己理解をし、進路選択において自己選択・自己決定できるよう支援してこられました。
その取り組みについて、お話いただきます。

スーパーバイザー:新澤伸子先生(臨床心理士)
社会福祉法人北摂杉の子会 大阪発達障害総合支援センター スーパーバイザー、研修相談支援室(嘱託)、梅花女子大学心理こども学部心理学科 教授

参加費:オアシス会員は無料です。
非会員の方は当日受付にて資料代500円をお支払ください。
申込みは不要です。直接会場へお越しください。
お問い合わせ:oasis-info@oasc.jpまで


―――――――――――――――――――――――――――――――――


大阪自閉症協会主催
自閉症スペクトラム児者を支援する親の会オアシス協力

公開講座 自閉症の支援の在り方

日時:平成27年2月4日 10:15~12:00(受付10:00~)
会場:大阪市西社会福祉協議会にしながほり第一会議室
講師:中山清司氏
定員:60名
申込、お問い合わせ:大阪自閉症協会 
大阪市淀川区十三東2-5-15-403  FAX 06-4862-4158





他団体の講演会のご案内

ポレポレも加盟している、大阪府発達障害団体ネットワークの加盟団体のひとつである、大阪LD親の会「おたふく会」様からの講演会のご案内です。
以下、先方からの案内をそのまま載せます。


11月15日、16日に天満橋のドーンセンターにてドーンフェスティバルが開催されますが、登録団体としておたふく会も参加いたします。
おたふく会からは 青年グループのバザーと
阪大大学院の永井先生と幾央大の古川先生とのトークセッションを行います。

また各会の会員のみなさまにお知らせ頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

******************

大阪LD親の会「おたふく会」presents
Heartwarming バザー&トーク
「気になる子」の子育て講座~発達障害のある子どもへの支援を活かして~

大阪LD親の会「おたふく会」は、LD(学習障害)等の発達障害のある人の親の会です。
会員同士の交流をとおして情報交換や親睦を深め、発達障害のある子ども・青年が安心して自立できる社会を目指して、皆で協力し合って共に活動しています。 
大阪LD親の会「おたふく会」ホームページURL http://www.otahuku.net/

今回のドーンセンター開館20周年を祝う催しでは、
初日に「おたふく会」青年グループが販売担当する手作り品バザーやプチCaféコーナー、花火大会の映像コレクション上映会を企画しており、
2日目には大阪大学大学院 永井利三郎先生と畿央大学 古川恵美先生をお招きして「気になる子」の子育てについて心温まるお話をしていただきます。多数のご参加お待ちしています。

・おたふく会Heartwarmingバザー

日 時:平成26年11月15日(土) 11:00~ 15:30
場 所:ドーンセンター 4F 中会議室1
入場無料

・おたふく会Heartwarmingトーク

テーマ:「気になる子」の子育て講座
~発達障害のある子どもへの支援を活かして~

講 師:永井 利三郎先生 (大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻教授)
    古川 恵美先生 (畿央大学 教育学部 現代教育学科准教授)

日 時:平成26年11月16日(日) ①14:00~15:00
                      ②16:00~17:00(開場・受付は各回ともに30分前から)

場 所:ドーンセンター 5F 特別会議室
入場料:500円

ともに同じ内容です。事前申込は不要、先着順にて受付ですが、満席または定刻になり次第締め切ります。
  • ページトップへ
  • ホームへ